スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験英語を非難するな!

(2011.10.13 /2014.10.28 改)

日本語をふつうに使いこなせるようになるまで
どれくらい
私たちは日本語につかり続けていたのでしょうか?

生まれてから耳に入る言葉はすべて日本語。
両親も親戚も周りは日本語で話し、話しかけてくれる。

TVからは芸能人の日本語を浴び

身の回りにある本も新聞も標識も
すべて日本語。

そうして小学校に入学。教科書も先生の指示もすべて日本語を経由し、友達との会話もすべて日本語でこなす。

それでも小学生ではまともな本もよめませんよね?
言い間違いなんてしょっちゅうですよね?
音読もすらすらできないですよね?

これが言語です。

第一言語の日本語ですら
数年 十数年かかって組み立てたのです。
いわんや英語をや。

英語は言語です
日本語と同じように言語ですよ?

一朝一夕に身につくと思うほうがどうかしているんじゃないですか??
昨今の「英語なんて簡単!」という風潮をみると一言言いたくなってしまいます。

受験英語は一つの科目です。
英会話でも言語としての英語学習でもありません。

受験科目です。

私は講師を長い間やってきたのでよく知っています。

すくなくとも高校受験程度の指導で有れば
教師の英語の実力はまったく「英語力」とは関係ありません。

英語が話せない
聞けない
読めない
英語講師はむしろふつうです

日本の学校や受験で求められている英語力というのは言語としての英語力ではないからです。


みなさんは古典得意でしたか?

古典習いましたよね?
現役のころはそれなりに問題解けていましたよね?

じゃあ、いま
「古語で会話できますか?」
「古文をスラスラ読めますか?」
「古文で日記がかけますか?」
できませんよね?
(できたらすみません・・私はできません・・・(;一_一))

「英語が話せますか?」
「英語が読めますか?」
「英語が聞けますか?」
「英語で文章がかけますか?」
これは同じことなんです。

だれも、古文にこのレベルを求めませんよね?
だったら受験英語にこの英語を求めるのは間違いです。


受験で学んだ英語は科目だったんです。生きた言語ではなかったんです。

この事実に向き合わねばなりません

もちろん、受験英語が得意だった人は
言語としての英語を学ぶのにかなり有利ですよ。
それは当り前ですね?

しかし、一方で「受験英語の癖」がつきすぎて困る場合もあります。
私などはこのタイプでした。

受験科目としての英語は得意でしたので、やり直しにあたり
文法事項はほとんど復習しなくてすみました。
しかし、
「受験英語の精読の癖」がしみ込んで
どうしても返り読みをしてしまったのです。

関係詞がでたら終わりですw
後ろから先行詞にかけてよまないと読めなかったのです。

これではだめです。

英語の処理能力が一気に落ちてしまいます。

CIMG1159_convert_20091108012553.jpg


このように、受験英語の得意・不得意は一長一短です。

言語としての英語を学びなおすのに、受験英語の得意不得意は関係ありませんので
ご安心くださいね

というか、
そんなものが関係なくなるくらいに英語の訓練をしない限りは
一定のレベルに達しません。


かつて担当した生徒さんの中には「超」受験英語が得意だった方もいらしゃいました。
もちろん文法を中心に実力はあるのですが、やはり「返り読み」で処理が遅れがちでした。
これはリーディングばかりか、リスニングに支障がでます。

返り読みをしないようにと指導していました。

私自身も受験英語が得意なほうでしたので、返り読みをなくすのに半年くらいはかかったと思います。

今では返り読みはいっさいしません。
もし、仮にリーディングでつまったら頭からもう一度見直します。

頭から読んで理解する
これが
聞いたそばから理解するリスニング力につながります

受験英語ができる人は、伸びが速いことも多いので決して悲観することはなく、アドバンテージには違いありません。
受験英語が悪いわけでは決してありません。むしろ個人的には感謝しているくらいです。

結局受験英語を非難するのは、言い訳に過ぎないのだろうと感じています。
受験英語にどれだけ取り組んだかは脇において、一心不乱に英会話(生の英語)を学習するだけだと思います。



人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

アルク
スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

英会話スクールの使い方

早速ですが

英語力を鍛えるのはあくまでみなさん自身です。

「うん、確かにそうだよね。」
そう感じる英語学習者の方のみ続きを読んでいただきたい。

そもそも英会話スクールなどに通う際には、
英語を力は自分で伸ばすという気概をもった受講者にならねばなりません。
(だれか優秀な方に習えば英語が伸びるかな~という程度の気持ちの方は、通う資格がないとあえて言いたい。)

スクール受講前には
「どのような部分を伸ばしたいのか?」
「いつまでにどのようになりたいのか?」
「資格試験は目標にしているか」
「現在どのように学習しているか」
などを自分のなかで明確にしておけなければなりません。

なんとなくしゃべりたい。日常会話に困らない程度。
いつまでというのはないけどいつかTOEICは受けたい。
時間があるときにNHK講座のテキストをパラパラ見ている。

こういった曖昧な状態ならば、スクールに通うのはもう少し先にしましょう。

もちろん、スクールに通い始めて火がつく人もいるのですが、一般的に言えば目標や英語に対する姿勢がある程度確立されてから受講開始するのが望ましいと思います。

CIMG1341_convert_20091108005024.jpg

通い始めたら自宅での勉強を主に考えることをお薦めします。
といいますのも、スクールに通うだけの人があまりに多いと思うのです。

一週間に1時間かそこらスクールに通うだけで英語力が伸びるとゆめゆめ思ってはなりません

スクールは発表の場です。前回のレッスンから今回のレッスンまでどれほど自分が成長したのかを見せるプレゼンの場です。

前回のレッスンで学んだことをマスターした自分を講師に見せつけるのもよし。
独学でこなした文法事項を知っていることを自慢するのもよし。
まる暗記した英文をすらすら使って講師を驚かせるのもよし。

とにもかくにもスクールは発表の場です。

これを学習の場と考えると、レッスン時間だけなんか勉強した気持ちになって。
英語を勉強している私かっこいいという気分になって。
なんとなく英語力があがった気がして。

錯覚です。

英会話スクールは自分の英語学習のペースメーカーとしてつかいましょう。

もちろん人間ですからいつもいつもめらめらと自宅学習できるわけではなく、情けない発表の場になることもあります。
私も多くのスクールに通って、「もう少しできたよな」と反省することしかりです。

でも、心の持ちようとしては上記のようなものでした。
いつも発表の場として利用してきました。

どうぞ英会話スクールは有意義に利用してください。

(2009.11.08 / 2014.10.27 改)



人気ブログランキングへ

テーマ : 効果的な学習法など
ジャンル : 学校・教育

英語の気分転換

英文の精読や単語の暗記など
地味な学習は

それなりに負荷がかかってきます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村(2013 03 30改)

何度か過去にも書きましたが

負荷をかけることは必須です。

自分がやっていて楽勝なレベルに
ゆったりのんびり使っているだけ
では

悲しいかな 成長はないものです。

私も留学前は

「自分ができるレベルをしっかり復習すれば 実力は伸びるはず」

そう思っていましたが
留学中に自分のレベルよりやや高いレベルの教材を
つらい思いしてやったことで

一つ壁を超えることができ
「ああ。そうかいつも快適な学習ばかりではやっぱだめか・・・」
そう身にしみました

なので、私のレッスンでも
わざと負荷が重いものは入れるようにしています。

一緒に行うレッスンですので
負荷が重くても 一人で取り組むよりは
生徒さんにとって取り組みやすいと思います。


現在、私にとっても負荷が重い教材は
いくつかあります。
まだまだ手ごわい教材だらけですよ。実際。

それらをやった後は
脳を休ませるために
快適な英語で気分転換しています。

私にとって快適な英語は
DVDや映画鑑賞
寝る前のSeinfeldは子守唄代わりです。
最近ではMichael McIntyreのスタンダップもBGM代わりに聴いています。
自分比では、イギリス英語にかなり慣れてきたと思っています。
耳に心地いいです。

クスクスっと笑いながらいつの間にか眠りに落ちています。


英語の勉強に疲れた時は
英語で気分転換をしている
と言ったら
先日生徒さんに驚かれましたが

私的にはオススメです。

楽勝英語(何度も読んだ洋書 さらっと見れるwebサイト ストーリーを覚えてしまっている海外ドラマ 好きな洋楽など)
に触れる時間は 気分転換&復習タイムになります

負荷のかかる教材も何度もやれば
必ず楽勝教材の仲間入りをしてくれます。


そしたら、今度はそちらも 気分転換時間に触れればよくなります。

新しい知識は誰でも難しく感じるものです
しかし、
それを繰り返して復習すれば
絶対に簡単に感じる時がきます

それまで「勝手にその教材を卒業した気にならないこと
それが大切だと思います。

カフェレッスン(えいごもち)博多・天神の英語本格カフェレッスン
では お渡ししたプリントを
「卒業」
するまで数回はレッスン中に復習することもあります。

はじめは音読 2度目は日本語を見て英語を言えるかチェック
数回目はチェックテストなどを入れています

そうやって卒業したプリントも
今度は家で時々復習するようにお願いしています。

簡単な英文も奥が深いことに気がついたとき
また一歩成長しています。


アルク

博多・天神の英語本格カフェレッスン

続きを読む

テーマ : 効果的な学習法など
ジャンル : 学校・教育

時間の問題。

(2013.01.29)
英検1級に合格する前

一つ確信していることがありました。

それは、

このまま学習を続ける限り
英検1級の取得は時間の問題
ということです。

すこし調子にのった発言みたいですけど

これは
ずっとそう思ってきたことです。

7年前に英語の学習をはじめて

「TOEIC600超えるのはそう遠くない」
「TOEIC700達成も間もなくだ」
「英検準1級もそろそろチャレンジしてもいいころだ」
「TOEIC800超えも時間の問題」
「いつかはTOEIC900も超えるはず」

そんな感じで

ずっと
結果につながることを信じて毎日学習してきました

なので
まず声を大にして言いたいのは

学習をある程度の密度で行い続ける限り
目標達成は時間の問題
ということ。




「いや、そんなことはない。ほんとに長く達成できなくて困っている
という方がいたら

学習方法が頓珍漢。そうとうあさっての方向向いている
そもそも密度が足りない。人間は忘れる生き物です。忘れる速度より密に学習しない限り前進はありえない。
そもそも目標が高すぎる。目標は目標として小目標も立ててはどうでしょうか。

きっとこの①~③のどれかだと思います。


さて、
現在の私はというと
目標がますます高くなってきて

その道のりたるや
険しいこと 険しいこと・・・

このままの私の努力体制
一体あとどれほど上昇できるのだろうか?
どれほどの上昇幅があるというのか・・・・

すこし不安も感じます。

まだまだ伸ばさなくてはならない分野がむちゃくちゃあるものの、
この先は遅々として進まない実力を目前に
いかに自分の精神の安定を保つかも大事ではないかという気がしています。

学習を再開してTOEICが面白いように伸びたあの時期が
今にして思えば楽しかったし、
なんだか無敵でしたよ。

私英語できる!」(*^。^*)
という自信にあふれていて。


今は逆に
「まだこれもできない」
「ここもいまだに曖昧だなんて(+_+)」
切なくなることも多い・・・・泣


それでも、
まだ努力で昇ることのできる階段は続いています。

まだまだ才能とかいうレベルではありません

時間×努力×質

これで
やるだけやった先は
はじめて

「もうこれ以上はできない・・私には才能がない」
そう言える
プロがせめぎ合う世界があるのだと思います。

1級取得後は
ケンブリッジ英検最上級を次の目標にしています。
これも時間の問題とはいえ。

では、その時間はどれほどになるのか

もちろんそれは、私の努力如何。

少し遠い目をしてもいいでしょうか・・・(;一_一)

CIMG1901_convert_20100718173819.jpg


さて、先ほどの3点ですが

①学習方法が頓珍漢。そうとうあさっての方向向いている
②そもそも密度が足りない。人間は忘れる生き物です。忘れる速度より密に学習しない限り前進はありえない。
③そもそも目標が高すぎる。目標は目標として小目標も立ててはどうでしょうか。

①に当てはまる方は、「楽して英語力を伸ばす方法はない」ことを肝に命じて、
地味で着実な努力をはらわれる必要があると思います。
このブログにも学習法や学習姿勢にかんする記事はたくさんありますす。参考にしていただければ光栄です。

②に当てはまる方は、「忙しい」を禁句にすることからはじめてはいかがでしょう。
目に見える成果は、それなりに時間を一気に注ぎ集中しないと現れません(そうしたって現れないこともある)。
また、自分の学習が密度が足りないことを意識されることからはじめるといいと思います。

③に当てはまる方は、小目標をいくつかたててください。
小目標の達成で、自分にご褒美をあげたり、達成感・満足感を感じることが
継続の上で重要です。
最終目標はなんであれ、やはり学習過程が大事です。

努力は人を裏切らないの一心でお互い頑張りましょう
( ^^) _旦~~

みゆきEP

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

英検1級・準1級・IELTSレッスン中。
博多・天神 カフェレッスン えいごもち 公式HP

映画館で並ばずにチケットが買える!

テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

MIYUKI EPの FAQ

気がつけば、カフェレッスン英語講師として3年以上たちました。
まずは、2年間やってみようと思っていましたが
あれよあれよと3年です。

新規の生徒さんに、長期の生徒さん、卒業された生徒さん
多くの出会いがあります。

レッスンを通して頻繁に受ける質問をこちらのブログでも紹介しますね。
同じような悩みを持っている学習者の方に役に立てばうれしいですね。

注:英語講師歴は長いですし、それなりの英語力を有していますが、私もまだまだ達人目指して研鑽中ですので、以下の回答がベストではないことはご了承ください。

ミキハウス


Q:スピーキングがまったくだめなんですけど、どうしたらいいですか?

A:臨界期を超えて学習している日本人にとって、アウトプットのスピーキングとライティングは難しいのが普通です。スピーキングに関しては、まずは暗唱例文と音読が効くと思います。暗唱例文はとくに相槌や応答などの表現から入るのがオススメです。もちろん、並行してネイティブとの会話の時間を持つのが理想ですが、費用対効果を考えるとある程度の実力がついてからネイティブを使うほうがいいかもしれません。

Q:ネイティブレッスンが受けているだけになっているんですけど。

A:ネイティブのレッスンを受けているだけは本当にもったいないです。ネイティブに使ってみる発言・内容を試す場にするほうがいいと思います。日ごろの学習の成果を発表する場という意識をもたれるといいです。週1でネイティブとしゃべるだけでは、ほとんど成果はないと思います。

Q:スカイプでのレッスンはどうですか?

A:最近人気のフィリピン人によるスカイプレッスンは、安価でオススメです。ただ、先生の質も様々で、値段なりの質であることも多いです。本当は中級から上級者の方が、アウトプットのために使うのが理想だと思います。フィリピンの英語はアメリカ英語よりですし、発音などもアメリカ寄りになっています。文法がすこし適当な先生もいるので、そのあたりは割り切って利用されるほうがいいと思います。まずは、いくつか無料体験されてみてはいいのでは。

Q:まだまだ初心者なんですが、TOEICは受けるべきですか?

A:TOEICはリスニングとリーディングしかなく、内容は日常とビジネスで試験としては偏りがあります。しかし、メモリが細かく、自分の英語力を図るのにいい目安にはなると思います。ただ、初心者の方や上級者の方は、点数があまり変わらなくなってしまうと思います。初心者には難しすぎてずっと点数があがらない。上級者はある程度の点数でとまる。中級者がモチベーションを維持するのにつかうツールだと思います。とはいえ、未受験ならまずは受けてみてはいかがでしょうか。

Q:NHKラジオ講座はいいですか?

A:費用対効果ではかなりオススメです。取り組みやすい分、挫折しやすいのも確かだと思います。並行してネイティブレッスンを受ける、日本人講師に習うなどがいいとは思います。いくらいい教材とはいえ、本当にラジオ講座だけで、ぐんぐん力を伸ばした方には、私は会ったことがありません。私自身もラジオ講座にはお世話になりつつ、並行でかなりのレッスンを受けました。

Q:単語が覚えられません。

A:申し訳ないですが、繰り返している量が少ないからです。繰り返す回数が少ない。出会う回数が少ない。それが大きな原因だと思います。単語を覚えつつ、教材は繰り返し、並行で新しいものに取り組み、既知の単語を確認する。その作業を通じて覚えます。ただ、覚え方はいろいろあると思います。高速で繰り返すのが向いている人や、耳で覚えるのが向いている人。書いて覚えるタイプなど、そこは自分で覚えやすい方法を見つけてください。

Q:文法が苦手です。

A:私も生徒の皆さんが思っているほどには得意ではないので、気持ちがわかりますw。ただ、中級レベル以上に英語力がある方は例外なく、一定以上の文法力があると思います。逆に、文法力が低ければ中級あたりで停滞しがちです。文法嫌いとばかりも言ってられないので、手持ちの文法書に疑問点は当たっていく努力は必要だと思います。多くの事例を通じ、文法事項を納得する。文法事項を納得して、多くの具体例に出会う。両輪で少しずつ文法力はあがります。

Q:発音の勉強ってどうしたらいいんですか?

A:発音記号は読めないといけません。発音記号だけみて、発音できるようになるのが理想です。ただ、発音の勉強ばかりをするのではなく、日々の学習で意識するものだと思います。まったく発音記号が読めない方は、なにか1冊発音の本を購入されて、それを一気にやってしまうのがいいと思います。その後は日々気をつけるだけです。歌が上手い人と耳がいい人は有利です。こればっかりは、少し才能の差があるところだと思います。


Q:リスニングってどうやって鍛えますか?

A:聴いた量ですw。ただ、初心者の頃はNHKラジオなどの、スピーカーがプロのものがいいと思います。きれいな発音にまずは慣れることですし、文字と音をひたすら一致させることだと思います。スクリプトを見ながら聴く。聴きながらスクリプトを眼で追う。連音に気をつける。アクセントに気をつける。スクリプトを楽譜のように考えて、強弱などをどんどん書き込んでいって、そっくりまねできるようにするのが一番だと思います。聞き流しはあくまで補助だと思ってください。中上級者では精聴と多聴になると思います。

Q:洋楽で英語力はつきますか?

A:洋楽で伸ばしたという方はたまにいるようですが、私は経験がないのでわかりません。ビートルズ世代とかではないしw。とはいえ、好きなジャンルをどんどん取り込むのは飽きずに続けられていいと思います。私自身は海外ドラマで伸ばしたタイプです。

Q:海外ドラマや映画は見るべきですか?

A:普段テレビを見ているのであれば、日本語のものではなく、海外ドラマや映画の比率を高めるといいと思います。もともとテレビが嫌いな方でも、英語学習と割り切って海外ドラマなどを見るのはオススメです。私個人では映画よりドラマがオススメです。映画より時間当たりのリスニング量(セリフ量)が多く、1話も25分~50分と短く続けやすいと思うからです。

Q:多読が流行っていますが、やるべきですか?

A:英語力を総合的に伸ばしたいのであれば、やはり多くの英文に触れる。多くの英文を読むのが欠かせないと思います。やさしめのすらすら読めるものを大量に読みこなしつつ、難しいものを精読するのが理想だと思います。私自身は、ネイティブが読む絵本のレベルからはじめて多読を行いました。300万語くらいまでは記録もつけていました。語数を数えるのが面倒なら、読んだ本のタイトルだけでもメモして、多読通帳みたいなものをつくると楽しく継続できると思います。洋書を楽しみたい方や、上級者になりたいという目標があるかたには、多読は必須だと思います。

Q:毎日どれくらい勉強すればいいですか?

A:今のレベルによっても違うと思います。初心者の方なら一気に学習を投入されるのがいいと思います。ちんたらやっていると、忘れるほうが早くて、ほとんど成長しません。中級者の方が、上級に上がる際にもかなり短期集中する必要があると思います。結局、自分の今のレベルと、目標のレベルによります。現状維持でいいなら、1日30分でもいいかもしれませんが、初心者の方が、1年以内に中級になりたいのであれば、毎日2時間以上はほしいと思います。

Q:毎日5分やるのと、週末に1~2時間やるのはどちらがいいですか。

A:正直いうと、どちらもほとんど意味ないと思います。毎日5分というのは、かなりのレベルの方が、もう英語をメインに学習しない場合に、最低限として行うくらいの話だと思います。週1で1~2時間というのも、まったくしないよりはいいですけど。というレベルです。とくに初中級者ですと、忘れるほうが多いと思いますので、効果は期待しないほうがいいと思います。毎日1時間休みなく、毎日やるのがいいですねw。

Q:TOEICを受けるか英検を受けるか迷っているのですが。

A:試験の傾向はかなり違いますので、向き不向きはあると思います。総合的な英語力を伸ばしたいのであれば、英検合格を目指しながら、ときどきTOEIC受けるのがいいのではないでしょうか?受験英語が得意だった方は英検のほうがなじみやすいかもしれません。一方、ビジネス英語を学びたい方は、TOEICを勉強されたらいいと思います。ただ、理想は英語の総合力をあげていき、結果的に高スコアや合格を勝ち取ることだとは思います。私は英検1級のときを除いて、対策はしていません。

Q:アメリカ英語とイギリス英語は違いますか?

A:結構こまごま違うとは思いますが、つまるところは同じ英語、それくらいの感覚です。たいていの日本人は受験英語でアメリカ英語に慣れているとおもいます。はじめは全く聴き分けられないと思いますが、中級者になると英米の聞き分けができるようになると思います。TOEFLを受ける方はアメリカ英語。IELTSを受ける方はイギリス英語で教材をそろえるといいと思います。そういった試験を受けない方は、両方やる。気にいった英語をやる。でいいのではないでしょうか。私は両方やりますが、ややイギリス英語よりです。

Q:音読ってどうやるんですか?何回くらい読むんですか?

A:音読は本当に大切だと思います。音読はただ読めばいいというものではなく、訓練だと意識してください。初心者の場合は、CDでプロの読み上げを聞いて、そっくり真似るつもりで音読してください。ときどきただ読めばいいと思っている方がいますが、好き勝手に読んでも、カタカナ英語の教室英語のようになってしまいかねません。CDをしっかり聴いて、それを自分でも再現するつもりで音読します。アクセントや強弱などにも注意を払って繰り返します。私は、CD付の教材の場合は、まずCDを聞いて強弱やアクセント、息継ぎやポーズの個所などを点検してから音読しています。繰り返せば繰り返すだけ力はつくと思いますが、人間飽きもきますし、自分のレベルもあがってきます。簡単なものや、難しいものいろいろ織り交ぜつつも、それぞれ20回以上くらいを目指されるといいのではないでしょうか。もちろん、教材の英文の量にもよりますね。

Q:シャドーイングとかディクテーションが難しいのですが。

A:難しいですよねw。今、流行っているというか、皆に知られるようになった学習法ですよね。初心者には難しい学習法だと思いますが、初心者向けの教材も多くありますので、リスニング力を鍛えたい場合に一考の余地はあると思います。上級者の方がよく取り組まれている学習法だと思いますし、かなり推すかたもいらっしゃいます。私はまだまだこの二つの学習法は経験が浅いほうですが、合う人には合う学習法なのかもしれないですね。私はリスニング力は、海外ドラマであげたという意識がありますし、スピーキングもネイティブとの実践と1人で家で繰り返して訓練しているだけです。音読が私にはあっているので、私は音読メインです。CNNなどを楽に聴けるようになるためには、やらなければいけない学習法かな・・・とは思っているのですが結構大変ですよねw

Q:留学すると伸びますか?

A:留学する前の実力と、留学中の努力。留学期間。こういった要素の総合だと思います。どこまでの英語力を求められているかにもよると思います。上級を目指されている方なら、TOEICで750くらいとってから留学されると効率的だと思います。私も800超えるまでは留学しないと決めていました。一方、軽くネイティブと話せるレベルまでを求められている場合は、すぐに留学されたほうがいいと思います。とはいえ、向こうでも日本人とは話さないくらいの気合がないと、思っているほどには伸びないと思います。今の時代、言葉が通じなくても買い物からなにから出来ちゃいますから。


ソニーストア

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

カリキュラムがない

私たちは、
カリキュラムがあることに慣れ過ぎている気がします。

学校でも時間割があったし、
大学もシラバスがあり、単位をとるものだった。

英会話スクールに行っても、
はじめにレベル分けテストを受けるのが一般ではないでしょうか?

でも、英語ってカリキュラムが存在するのかな?

そんな風にふと、思いました。


やり直し英語をはじめて7年。
私は一切カリキュラムとかスケジュールとか考えずに英語に触れてきました。


CIMG2451_convert_20121010002053.jpg
英字新聞も読んでます↑ 愛着わくので保管してます。

たとえば、

NHKのラジオ英会話を1年やって
TOEICを700点に達して
その後に、NHK実践ビジネスに進み

その後にTOEICで800とって、CNN EEに進む。

そんなカリキュラムってあるのでしょうか??


私の場合は、
いろいろやりながら
徐々に難しいと感じる教材を入れていく

簡単に感じるようになった教材は徐々に買わなくなる。時間を割かなくなる。

らせん階段を昇るようなイメージで
気がつくと
中心に据えるテキストや勉強法が変わってきた感じです。

今では
NHKの実践ビジネスや
CNN EE
茅ヶ崎
英字新聞
などが

あまり無理せずに消化できるようになってきました。

これらは、昔は
かなり背伸び教材でつらかったですが

いまは、このあたりの教材が楽しいです。




カリキュラムや進度って存在しないと思うほうが楽だと思います。


カリキュラムや進度というのは、
一斉授業をする際に便利なものであって、

スクールにとってはウリみたいなものです。

「うちのカリキュラムはしっかりしていますよ」

「うちのカリキュラムにしたがってもらえばレベルアップしますよ」

そういうウリ文句だと思います。

実際は、レベルアップ出来るかは
その人の頑張り次第です。

ダイエットと同じ
「このトレーニングメニューと食事メニューに従えば痩せます」
といっても、
それにしたがってくれなければ
痩せないし。

従ったとしても、その効果はやはり人それぞれではないでしょうか?


えいごもちのレッスンでも
メインテキストが移ってきたり

私の用意しているプリント類のレベルが変わってきたりすることに
気がついている生徒さんは多いと思います。

私は、
教材は
難も易も同時並行で行くべきと思っていますので

生徒さんにとって快適なレベルの教材と
少し難しいと感じるレベルの教材は
意図的に混ぜています。

「だいぶレベルが上がったな」
そう感じると
合わせて教材のレベルも少しずつ変えますし、
以前はレッスンで一緒に取り組んでいたものを
宿題に回したりもしています。

「えいごもち」にカリキュラムがあるのか?

そう言われると
う~~ん。

ないような気もしますw

でも、
講師の私の方で
いろいろ考えている量は
一斉授業のスクールよりは多いのではないかと思います。





私のレッスンを上手くペースメーカーにしてもらって
自分でも独自にいろいろ学習してもらうのが理想です。

例えば、最近難しいリーディングをした。
「ああ、昔はこういうの読めないと思ってたけど、レッスンでみゆきさんと一緒になら読めた。
じゃあ、家でも辞書をしっかり調べれば、このレベルが自分でも読めるかも。
毎日は無理でも週に1つ読んでみよう」
とか

「最近、単語をこんなに覚えてる。家では、レッスンで扱った単語を辞書で引いて、用例の文を1個ずつ音読する復習をしてみよう」
とか。

そういう主体性も大事です。

与えられたものが簡単に感じても、
難しく感じても結果は同じです。

結局それをどこまで深められるか。

そこにつきます。

頑張りましょう(*^。^*)

みゆき


MIYUKI EP によるIELTS英検(1級・準1級)専門 カフェレッスン
福岡市(博多・天神)にて
カフェレッスン えいごもち



Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】エアアジア

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

繰り返すことができるのも努力の末

「ああ。なるほど」

最近得心がいったことがあります。

それは、

初心者~中級者は

教材を繰り返すことも難しく感じている

ということです。

自分自身が初級レベルから上級のふもとまでやってきて
気がついたのは

同じ教材を使いこなす力が確実についてきた、ということです。


自称英語オタク教材研究家ですので、
私の部屋は
床が落ちたらどうしようと

ワリと真剣に心配するくらい
本(洋書&英語本)であふれていますが

おんなじ教材をしつこくしつこく繰り返し勉強できるようになったのは
この1年~2年くらいです。

それまでにも
こういった


初級者用オススメ教材ジャパンタイムズLIVEシリーズ

そこそこ使い込んだテキストはもちろんありましたが

最近はIELTSのリーディング1問だけでも
20回くらい軽く勉強できるようになりました。

大学受験指導もしていますので
過去問も解くのですが
それも
どうせなら自分の勉強にと
しつこく繰り返して勉強しています。

初級~中級者の頃は

「このテキスト勉強し終わった。」

勝手に見切りをつけていたものです。

つまり、あのころの私は

理解できたら終わった気になっていたのです。

読んで理解した。
単語は覚えた。
音読した。
CDも聞いた。

せいぜいこのレベルでした。

でも今は

「自分がこの英語の発信ができるか?」
「この単語を本当に使いこなせているか?ともなう前置詞を間違えずに使えるのか?」
「この構文を発信できるのか?」
「このレベルの英文が書けるのか?」

こういう視点で教材と向き合っています。

そうすると
とてもじゃないけど

教材を卒業出来ないのです。

初級のころ取り組んだ教材でさえ、難しいです。いや、ほんとに。

発信英語にまで高めようとすると
文法の精度を高めなければならないし、
前置詞・冠詞まで気を配り
しかもそれをすらすら言える
さらにはきれいな発音でよどみなく・・・

あり得ないほど
一つの単純な教材でも
奥深くなります。

訓練も
日英・英日・サイトラ・通訳・ディクテ・シャドーイング
など

みっちり

きっちり

しつこく

繰り返す

ことになります。

そして、過去の自分のことを思い出したり
受け持っている受験生などを思うと

初級~中級者は
教材を繰り返し勉強できない。

と感じました。

これはいいとか悪いとかではなくて

とりあえず読んで理解した(気がする)
とりあえずCDは何度も聞いた(と思う)
とりあえず単語は覚えた(一つか2つの意味だけ)

という状態に達すると
それ以上教材を深く使いこなせないのだと思います。

学生から
「使っているテキスト以外に自分でも勉強したい」
と先日相談を受けて悩みました。

本音を言えば、
授業で使うテキストを
あと200回くらいは音読して
CD聴いて
単語は辞書で英文も5個くらいは調べて
それも音読して
重要構文は暗記して
英作して
英語から日本語に訳して
日本語から英語を思い出してみて

などなどやってほしいのですw

でも、
それが出来るならそもそもそんな質問は出ないのですよw

「もうこのテキストは終わった」気がするから
他にも取り組みたいのです。

私は学習は量が質に転換すると信じています。

また、人間は飽きたら吸収量が減ることも感じています。

なので、
次のテキストにうつるのは悪くないと思います。

散々やっていれば
同じ教材をしつこくしつこく
2~3年は使える時期がやってきます。

同じ教材を繰り返し
手を変え品を変え
いろんな角度から使えるようになったころには
中級者を卒業なのではないかと思います。


にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村
初級者用オススメ教材
ジャパンタイムズLIVEシリーズ

アルク 1000時間ヒアリングマラソン

ミキハウス

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

英語資格の向き不向き

先日久々にIELTSを受験してきました。

IELTS指導をしていますし、
今後もIELTSを主に指導をするつもりなので
気は重いですがw、

講師として、定期的に受ける必要があると考えています。

私がはじめて受験したのは2008年だったでしょうか?
その時に比べ
IELTSはずいぶんメジャーになってきた印象がありますね。

当時は、会場も今と違いましたし
(最近、福岡では中州での会場で固定みたいです)←試験要項は各自ご確認を!
本屋のIELTSコーナーも非常に心もとなかった。

きっと、当時は
英語コーナー担当の書店員に聞いても
通じなかったのではないでしょうか。
IELTSって何?食べれるの?

TOEFLのコンピューター受験化への倦厭ムードと
IELTSに日本英検実施による、申し込み簡易化などが相まって
「IELTSに追い風がきている」ムードがここ数年感じられます。

私自身は、英語を学び始めて
当初より
イギリス英語が好きなので

「イギリス英語で受けられる資格を取りたい」

そう思い、
調べ出会ったのがIELTSでした。

日本で英語を継続して学び、資格に結び付けるに当たっては

自分が

TOEIC向きか
アカデミック英語向きかは
意識されるといいと思います。

受験英語はしっかりやった。センター試験だって結構よかった。
そんな方は、アカデミックな英語のほうがとっつきやすいと思います。

受験英語を非難するな!


私の場合はどちらかというと、受験英語ベースに
やり直し英語を発展させたほうなので、
アカデミックな単語や文章に抵抗が少ないです。

典型的なアカデミック英語タイプだと思います。

もし、私がアメリカ英語のほうが好きなら
TOEFLを目指したと思うのですが

イギリス英語に魅力を感じるので
IELTSそしていずれはケンブリッジ英検を考えています。
(受験英語をしっかりやった方は、日本の英語教育は基本米語なので、
よほどイギリス英語好きでなければ
TOEFLを考えられていいのかな。と思います)

また、受験英語が得意だった方は
やはりTOEICよりは、
英検が向いていると思います。

英検もかなりアカデミックだからです。

結局、英語の試験で時事を聞くわけにはいかないのです。

時事的なことや、地域性のあることを出題すると
英語以外で有利不利が生じる」ので、

英語の資格試験は
そういった時事的な話題などは排除します。

排除すると
「一般的な事項」(日常英語)
を出題するか
「時事的でない事項」(一般常識 科学的事項)
などを出題することになりますよね。

前者がTOEICで
後者がIELTSや英検だと考えます。

TOEICの場合はこれにビジネス関連語彙や表現が入りますが
やはり、前提知識で差がつかないレベルの一般的なビジネス知識しか必要ありません。

そういう意味では
時事英語を学ぶこと
つまり、英字新聞などを読むことは
私自身素晴らしい学習法だと思いますが

試験対策の観点では、少し疑問が残ると考えます。

IELTS対策を望まれる生徒さんには
以上のようなお話をして、
たいていの場合、
時事英語はしばらく封印して
アカデミックな英語に特化してもらうようにしています。

TIMEやエコノミストを読むより
ノンフィクションの多読をしていただくようにしています(本は無料で貸しだします)。

英検とIELTSは上記のように親和性がありますので、
いろいろと余裕があるなら(お金とか時間とか、気持ちとかw)
やはり両方とられるといいと思います。

一番指導しにくいのはやはり
TOEICと英検(IELTS)の組み合わせですね。

方向性が違うからです。
TOEICに焦点を当てるなら
逆にアカデミックな多読は不要ですし
語彙も全く異なってきます。

個人的には4技能バランスよく育てるのが最善だと思いますが
TOEICだけを考えると
WとSは無視していいわけです。

アルク
IELTS関連記事


英検関連記事

一般に、英語ができるというと

外国人とペラペラはなせるんだ~
洋書が読めるんだ~
CNNが聞けるんだ~
映画が字幕なしで見れるんだ~
英語でエッセイが書けるんだ~
文法完璧なんだ~
発音ネイティブなんだ~
TOEICで高得点なんだ~
英検1級もってるんだ~
などと

全部ごちゃまぜに考えられるようですが

実際はそれぞれのスキルは結構異なっていますし
得意不得意もあるものです。

相当な英語の達人なら上記はすべて備えるのかも知れませんが
上達の段階ではばらつきがあります。

逆に言えば、
総合的な英語力をつけることを視野に入れつつも

どこから得意にしていくのか

まずはどの資格を狙っているのか

それははっきりとさせておく必要があります。

先日のIELTS試験では
私の生徒さんも受験されましたが
使っていたプリントから結構出題されまして、
その出題の命中率に関しては結構喜んでいただきました。(手前みそですが)

IELTSはアカデミックで
前述の通り、
時事や極度に難しい科学的な話は出題されません。
結局、出題の傾向は
簡単なアカデミック記事(宇宙 生物 言語 教育関係 自然エネルギーなど)
になりますので

レッスン開始以来
自然エネルギー 生物関係 などを押さえていたのです。
スピーキング対策の一つでTVや映画も押さえていたのが
今回はそれがリスニングで役立ちました。

狭い分野を、
手を変え品を変えて聞いてくるという印象ではあります。

「みゆきさんからもらったプリントからいっぱい出てて驚きました」
とおっしゃっていただきうれしかったです(*^。^*)

でも、
それって、やはり生徒さんがしっかり取り組まれたからなんですよ。
私のプリントから10個出題が命中しても
適当にしかプリントに取り組んでいなかったら
出題されたことに気がつかない」ですから。

「いっぱい出てました!」
と言ってくれる生徒さんでありがたいなぁ~と思いましたね。(*^。^*)

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村


クロックス オンラインショップ



朝英語Biz

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

ネイティブの個人レッスンの受け方 Miyuki EP ver.

(2011 11 05)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

自分に負荷をかけるためと、
スピーキングを中心としたペースメーカーとして、
アメリカ人による個人教授を受けています。

私はいろいろとスクールはまわりましたので
ネイティブスピーカー」の功罪、
というか
「ネイティブスピーカー」を英語講師として使う
使い方には人一倍うるさいですw。

まず、選ぶ時は
①英語(母語)以外を学んだ経験のあるネイティブ
を選ぶのがお勧めです。

母語以外、できればアジア言語を学んだことのあるネイティブは
言語学習の難しさや、どこでつまづくのかを理解していることが多いです

ただ英語が喋れるだけ、
英語以外学んだことさえない、学んだとしても学校でやった程度。
そういったネイティブは、たとえ教えることに向いている方でも、
英語講師としては頼りないことが多いです。(私の経験ですが)

そして、
②指導経験のある講師。資格試験に精通しているネイティブ

資格試験に精通しているネイティブとなると、なかなか出合えません。
多くのネイティブ講師はTOEICの試験をよくしらない、
英検の問題を読んだこともない。
IELTSの試験形態もよく知らない。
なんてこも多いです。

この①②はできれば満たしていると
ネイティブ講師として信頼できることが多いです。

ただ、
ネイティブ講師とは
「相性が合うかどうか?」もかなり重要になってきます。

私は今まで
アメリカ人 イギリス人 カナダ人 オーストラリア人 シンガポール人 アイルランド人 アイスランド人 フィリピン人 などなど
多くのネイティブ講師(中には友人もいます)と接しましたが
結局 相性によって継続のしやすさが異なると身にしみて理解しています。

多少英語指導力が頼りなくても
毎週
「講師と話すのが楽しみでしかたない~(*^。^*)」
という雰囲気をつくれる間柄になれるか。
それが一番大事だと思います。
だって、ペースメーカーにならなきゃ意味がないですから。

人それぞれ、「厳しいレッスンが好き」「楽しいレッスンが好き」「グラマーのミスは逐一訂正してほしい」
「母国の話をいっぱいしてほしい」などなど
興味関心・レッスンへの要望も違いますからね。


朝英語Biz


さて、
私はと言いますと
現在は
アメリカ人による個人レッスンを月に2度ほど 1コマ2時間で受けています。

指導経験豊富で、
かつ
日本在住期間も長く
日本語もペラペラ(らしい、聞いたことがないけどw)のアメリカ人です。

レッスンはかなりの密度が保てています。順調にネイティブとのレッスン進んでいます~(ありがと~~~)

そのレッスンの宿題・レッスン中に使用しているテキストはこちら。



レッスンの構成に関しては、
初回対面時に二人で話し合いました。

私は、語彙増強のペースメーカーを作りたかったので
1100 Words you need to know」を毎回進めること。と、
リーディング記事を宿題することをお願いしました。

これは、しばらくたって
「せっかく語彙を増やす努力しているのだから、新出単語を用いて英作をしてきなさい」
という先生の助言で、
新規単語を用いたライティングもつけ加わりました。
この、ライティングの宿題・およびその場での訂正・検討がかなり勉強になってて面白いです。

写真はこちら。前方がライティング。後方がリーディング用プリントです。

CIMG2260_convert_20111105121709.jpg

先生は、大学でのレッスンもしていて、そちらでも使用しているテキストから
ディスカッションも加えてくれていますので、
スピーキングはフリーカンバセーションと、ディスカッションで毎回40分~1時間くらいは費やします。
毎回、かなりみっちりの2時間です。

月2回とは言え、
やはりレッスン時にいいパフォーマンスをしたいので
プレッシャーはかかっています。

個人教授ですし、
「1年間コース」みたいなのりではないので
今月の到達目標もなければ
シラバスがあるわけでもありません。

ちょっと油断すると
受けているだけの状態に陥る危険性がありますので
そこは受講する側の気持ちとして
「成長してやる」という意識を忘れてはならないと自戒しています。
宿題を一度もさぼってないのが
今のところ
先生への敬意となっています(自分の中ではですけどw)

ネイティブに個人的にレッスンを頼むというのは
なかなかハードルが高いと思います。

初~中級者はやはり、
スクールでネイティブ慣れをする。
スクールのマンツーマンを受けるなどが現実的だと思います。

スカイプを利用したオンラインレッスンが現在では
利用しやすいし検討に値すると思います。
オンラインレッスンに関してはこちらの記事を参考になさってください。↓
オンラインレッスンの受け方

個人的にレッスンをお願いして、レッスン内容を話し合える英語力がつくと
ネイティブレッスンの見かたやレッスンの利用の仕方などへの意識も
良いほうへ変わると思いますが
まずは、

①ネイティブへの信仰はやめる
②だめなネイティブ講師は多い

この2点に気を付けつつ
よい出会いを探されてくださいね。(*^。^*)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村
応援していただけると嬉しいです
おかげさまで地味に順位上昇中です

ソニーストア

ヒアリングマラソン・ジュニア シリウス

テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

英語の習い方。

(2011 10 13 改)
一を聞いて十を学べ

とまでは言いませんが

効果的な英語の習い方はあると思います。

どうでしょうか?
自分が効果的に「習うことができている」と思いますか?

続きを読む

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

英語の達人目指してます。
Miyuki EP

取得済英語資格
英検1級
IELTS(Academic)
  overall 7.5
L8.5/ R9.0それぞれ取得経験有り) 
(2006年から英語やり直し中)
詳しい英語資格取得歴は 「今までの英語関連資格取得歴」をクリック!

こちらもどうぞ(*^_^*) 英検1級とIELTS記事あります。

IELTS関連記事
英検関連記事
学習コンテンツの充実化をはかっております。お役に立てばうれしく思います。
MIYUKI センコロ(学習コンテンツ)
一生英語やります。

Miyuki EP

Author:Miyuki EP
Miyuki EP :英語講師(IELTS・英検・大学受験等)

★MIYUKI EPのちょっとだけ英語観★
英語はスクールに通うだけでは足りず、自分自身での地道な訓練が欠かせません。1に独学、2に独学。英語オタクによる努力至上主義のブログです。



free counters
since 2011/10/15


私自身、達人目指して日々努力中。
英語研鑽に終わりはないようです。


↑現在熱いテキスト。IELTS対策本としてバランスがよくオーバーオール6.5超えくらいの方に超オススメです。お手頃でこの内容はすごいです。

ちなみに、海外ドラマ
Seinfeld  と The IT Crowd の熱烈なファン(自称:日本一)です。




Georgeと Royが好きすぎて困っています。

好きな映画は
「Toy Story」(特に2が好き)
「シカゴ」
「The Producers」
「ラブソングができるまで」



週刊のジャパンタイムスを時々購入して読んでいます。科学記事欄とEasy Reading欄が好きです。

br_decobanner_20100701030234.gif

当ブログはリンクフリーです。
当ブログの写真・内容の著作権はみゆきに属します。
動画はすべてYou Tubeからの借り物です。

twitter buttons

calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category
textbooks for learners
いままでに私が使用して 英語学習者に推薦できるものを 載せています。
英検1級受験者に浸透しているボキャビル本(らしい)。現在ネイティブレッスンで使用中。はまると楽しい教材だけど一方でど根性を要しますw→関連記事はこちらネイティブとのスパルタレッスン!をクリック!
愛してやまない海外ドラマSitcom。 これの話ならいくらでもできる。 集え、日本の熱きサインフェルドファンよ・・・関連記事→好きなDVD!
英会話初心者向け アメリカ英語 最低限の文法知識がないと、日本語訳で混乱するかも。 「機能編」を使いこなしてまずは初心者を脱出。→詳しくは「初心者向け教材①」で。
英検1級の2次試験対策・IELTSのスピーキング対策。 内容のあるスピーチの訓練に。結構長く使っていますが終わる気配がしません(笑)→詳しくは「英検1級 本試験後の感想シリーズ」こちらで。
2人から4人で英単語ゲーム。 単語力の差はハンデをつければ問題なし。 ネイティブとも楽しくプレイできます。→詳しくは「英語ボードゲーム金字塔」で。
英検1級以上の英単語力を狙う人に役立つと噂のボキャ増強本!→詳しくは「上級者のためのボキャ増強!」で!
イギリス英語に触れたいと思い始めた中級者に最適な本です。いくつかイギリス英語関連の和書(教材)を持っていますが、その中でもイチオシの教材です。アマゾンのレビューの高さがそれを証明していると思います。→詳しくは「英語か米語かそれが問題だ。」で!さらにLIVEシリーズに関して詳しくは→「LIVE!シリーズ」を!
マンガが好きな方は、自分のfavouriteなマンガが英訳されていないかチェックしましょう! 多読の一環となり、かつ語彙増強にもなります。→詳しくは「世界のManga」で!
イギリス英語を勉強している人には絶対にオススメしたいsitcom。アイルランド英語も堪能できます。 詳しくは→好きな海外ドラマ第2位こちらの記事でどうぞ。
IELTS受験を考えている方は、少ない教材の中から自分に合う、また自分がこれならこなせそうというものをしっかり選ぶ必要があります。現在私はこれを使用中です。→詳しくは「ライティングに批判はあるものの」の関連記事で!
イギリス発音をしっかり学べる秀逸な一冊。発音記号のマスターはもちろん、英会話練習素材としても使えます。→詳しくは「in use シリーズがお好き」関連記事で!
スピーキング上達へのコツは、文と文をつなぐ表現を覚えたり、文自体の作りにバラエティを持たせること。 この本はそういったコツを英語で解説。価格も良心的です❤ スピーキング中級~上級者向き →詳しくは、「スピーキングとのギャップ」で!
英語学習に欠かせないのがDVD。好きな映画やドラマでスピーキング力とリスニング力をガンガンあげましょう。その際に、日本以外のアマゾンの利用、世界で売られているDVDの活用が早い・安い・便利です。 →詳しくは、「アマゾンを使い倒す!」で!
IELTSって何?私には関係ないわ・・・と思うなかれ。真の英語力育成を楽しく目指したい英語学習者にオススメの教材。ケンブリッジの真面目でかわいい。カラフルな教材です。高価な音源は別売り(残念!)→詳しくは、こちらの記事を参照ください!
TOEFLに興味がなくてもライティング力そして スピーキング力をあげたい中上級者におすすめ! →この本の使い方を含め、詳しくは、スピーキング限界突破! こちらの記事で!
またまたIELTS対策洋書! いやぁ、ほんとにいいんです。 グラマーの説明もしっかり 練習問題も豊富!(リーディングもリスニングも) ともかく総合力をあげたい方はトライする価値あり。 英語中級~上級者(TOEIC750~)に推奨したいイギリス英語たっぷりで学ぶ英語文法書!
オックスフォードのin useに負けない(個人的にはin Useより好き)極上 ボキャビル洋書! 洗練されたレイアウトにきれいな写真・絵。ふんだんに盛り込まれた口語・句動詞の数々。 本気でオススメ洋書ボキャビル本です。 詳細は→関連記事 ここをクリック!でどうぞ!
上級者は日ごろの学習にいかに負荷をかけていくかが大切だと思います。 詳細は→「ストレスかけてますか?」こちらの関連記事でどうぞ!
♪ ★ 留学中にお世話になった洋書たち~ ★ ♪
IELTS対策洋書 Advanced 試験対策のコーナーが読み物としても面白い
テキスト本体より、 ワークブックがオススメだったりします。↓
英語上級者にオススメ(TOEIC820~)

総合英語力底上げのための洋書 Advanced 普通にいい本です。 カラー多し。 workbookは今後取り組む予定。

こちらはケンブリッジ英検CAE用の対策洋書。 結構難しいです~ ワークブックはこちらも今後取り組む予定。 ちなみにケンブリッジ英検受験の予定は今のところありませんw
entire archive
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
MIYUKI EP 訪問者数
My favourite sites
英語学習に有益なサイトの数々をリンクしてます。
日々の学習にお役立て下さいね(*^_^*)
for booklovers

大好きな作品のひとつ。読み返しています。 Mr.Boneは一生忘れない・・・。途中とっても切なくなる。
ロバート・キヨサキ氏の有名すぎる「金持ち父さん」シリーズ。平易な英語(やや口語)でかなり読みやすいです。投資マインドを英語で学ぶ。関連記事多数あります。オーディオブックも購入しました。
マンガで英語学習って本当に楽しくて好きです。英語で読んでいることを忘れます。吹き出しの文字がすべて大文字であることに慣れればこっちのもの。じっれたさが結構さわやかに昇華されてる好少女漫画ですな。
最後はほんとに手に汗握る! 続きが読みたくて駆け足で読んだのを覚えてる・・・字が小さいのが玉にきず?
どれだけ好きなんだ マービンシリーズ! 犬の話と大統領の話がお気に入り・・・犬話は何度読んでも泣ける。大統領話はアメリカっていいな、と思ってしまう・・・
留学中、図書館で借りて読んだDavid Crystal。 平易な英語で英語という言語をいろんな視点で解説。英語好きなら氏の本、どれか一冊読んでみて!英語学の権威です。
アマゾンの書評がよかったので購入。平易な英語で書かれた法廷ミステリー。法廷もの好きな方にお勧めです。海外ドラマか映画って感じ・・・映画化したか。そういや。
何度も読んだ こういう終末後の世界みたいなの好き・・・。手に入りにくいみたいですが、10000語程度でこの内容はすごいです。
一時期むちゃくちゃはまったシリーズ。 主人公のかしこ生意気なところが好き・・・シリーズ多いので全部は読んでない。積読・・・(-_-;)
作者による音読CDは神です・・・素敵すぎます。小さい頃、この絵が怖かった。教科書にありましたよね?
有名すぎて載せなくてもいいかなと思ったけど ファンタジーが嫌いな私でも マチルダのかわいさと 意外に非道ないたずらが楽しめる・・・映画が良作ですよ。マチルダ役の子がかわいすぎです。
マジックツリーシリーズはこのリサーチシリーズが好き 本編はちょっと・・・
サッカーはマービンとアンジェリンがむちゃくちゃ好きなので これは評判ほどには好きではない・・・ でもやっぱりオススメではある・・・ 映画はよかった。
Happy reading!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。