スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロケーション学習入門

初中級者は、比較的簡単な例文の暗唱・音読にはじまると考えます。

しかし、徐々に学習の意識を持っていきたいのは
コロケーションです。

同義語ってありますよね。

日本語でも
作る 生み出す 製造する 創造する こしらえる ひねり出す 生産する
これらはほぼ同義です。

でも、その使い方には違いがある。
「アイデアを~」とくれば、「ひねり出す」がぴったりきますし、
製造するや生産するは、企業や工場を主語にとるでしょう。
日本人ならば、「ひねりだす」と「作る」の違いは説明できると思います。
そういう微妙な差異が単語間に存在しますよね。

英語でも
同じことがおきます。

つまり、「相性のいい連語」は歴然と存在しています。

この学習をコロケーション学習と位置付けますが
このコロケーション。
もちろん初期から意識してもらいたいものの、
実際は初学者はそこまで意識できないと思います。

まずは、単語になじむ、
英文になれる
発音になれる
などで精いっぱいだからです。

CIMG0636_convert_20141224141806.jpg

実際にコロケーションに意識を向け始めることが可能なのは
中級以上だと思います。
ナチュラルな英語の受信発信という点ではかなり有益です。

やはり頻出の連語は使われているのです。
一度覚えると、頻繁に出会うことにびっくりするくらいです。

例えば、「悪意のある」という意味の形容詞 vicious

circleで
「悪循環」という意味の vicious circle

一度覚えてしまえば、
よく見聞きします。知識人などはカタカナでも使っていますね。

別に2語とは限りません。
要はセットフレーズです。

例えば、a case in point 等はどうでしょうか?
4語ですが、どれも簡単な単語ですよね。
でも意味は出にくいのでは?

これは、「よい実例」という意味です。
case や point をこんな風に組み合わせるんだ。と驚きます。
日本人的英語学習の発想だと、
good example くらいでとまるところを、
こういうコロケーションを地道に蓄積することで、
ナチュラルな表現。
幅の広い発信英語につなげることができます。

英単語ピーナツなどの学習本はこういうコロケーション学習ができるものになっていますね。

ただ、この本は初心者には難しいです。
というのも、そのまま覚えれば使える
名詞コロケーション(上の vicious ciecle などのような)

動詞コロケーション(「虚報を伝える」意の cry wolf などのような動詞と単語のコロケーション)
がまぜこぜに入っているからです。

名詞コロケーションはひたすら覚えればいいだけなので簡単です。
一方
動詞コロケーションは
動詞の活用が伴いますので、難易度があがります。

その点に注意して用いれば、費用対効果の高いオススメ書になります。
(新版になって、すこし使いづらくなった気はしますが)

植田一三先生の著書などもこれでもか、っていうくらいコロケーションを集めていて
上級者にはオススメしたいところです。
もちろん、in use でもいいのでしょうが、
日本人には日本語を見て覚えるコロケーション学習が楽だと個人的には感じています。




私も日々コロケーションを集めています。
いずれは Miyuki EP式 
名詞コロケーション集を出したいですね~

紋章    a coat of arms
鳥肌   goose bumps
太陽フレア solar flare
実験台  guinea pig
賞味期限 use-by date
淡水   fresh water
犯行現場 crime scene
准教授  associate professor
うり二つの人 dead ringer
前頭葉  frontal robe
↑こんな感じのコロケーションを
1000くらい集めた本をいずれ出したと思っているのです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 効果的な学習法など
ジャンル : 学校・教育

英語か米語かそれが問題だ。

英語も中級者(TOEICで650点くらい?)とよべるレベルなってくると
そろそろ英語そのものに慣れてきて

英語と米語の区別がつき始める」ころだと思います。

私もそれくらいのときに、
「英語と米語を聞き分けることできるようになったみたい・・・」
そう感じたと記憶しています。

これが、なかなかうれしいものなんですよ(*^_^*)

CIMG0482_convert_20091112181621.jpg


私はその頃、イギリス英語が好きで、
「私の英語はイギリス英語にする」と、決意しました

しかし、
ふたを開けてみると
今の私の英語は
「米語っぽくはないものの、
イギリス英語でもない。
でも、イギリス英語で話せと言われたら、それっぽいイギリス英語の発音は少しできる」
という状態のような気がしますw

つまりは国籍は不明の「中庸」英語です。

ま、結果としてはこれでいいかな・・・と思い始めたところ。

と、いうのも、
よい教材を使おうと思えば
国際語としての英語力をあげようと思えば

結局いろんな英語に触れるしかなくなってきます

そうすると、どこか一国のアクセントに染まるというのは
難しい
のではないか・・・と。

そして、私は「オーストラリア英語、ニュージーランド英語、カナダ英語はさほど区別がつかない一方で、アイルランド英語とウェールズ英語は区別がつく。」
という少しイギリス方面の英語に慣れた状態になっています。

他の地域でいえば、インド英語もその特徴が強いので楽勝です。

ただ、今になって、英語や米語の区別が感じられないときも多くなってきています。(BBCやCNNなどでこれは典型的な米語だな、とかイギリス英語だなぁ・・・と感じることはいまだ多いのですが。なんていうか意識にのぼらなくなってきたというか)

どっちも英語じゃん・・・
そういえば、今のアンカーはイギリス英語・・・だったかな?という感覚に落ち着いてきました。

私はこの意見を他で読んだことがないので、
これが一般的な学習の経過かどうかはわかりません。
人によっては
どんどん区別がつくようになるのかもしれません・・・

個人的には
「米語と英語の区別がつくようになったその次は、それらの差異が気にならなくなる段階
がくるのではないか・・・と推測しているところです。

これだけグローバル化したなかで、
典型的なアクセントで話す話者が少なくなってきたことの証左かもしれません。

私のウェールズ人の友達は
かつてはきれいなウェールズ英語でしたが、
今ではアメリカ英語の影響ばりばりに受けた英語を使っています。

ネイティブでさえそうなのですから、
学習途上の私たちはもっとアクセントの影響を受けやすいと思いませんか?

わたしなんぞは、テキストが米語だったら、そのテキストに出てくるフレーズは米語で。
イギリス英語のテキストだったら、イギリス英語でそのセンテンスを発音する傾向がありますw
(これはいかがなものかとも思いますが・・・語学はまねることも大切なので、私の場合、とりあえずいいか・・・と開き直っています)

さて、今回は中級者にお勧めのイギリス英語の教材を。



これは私がイギリス英語にはまった初級~中級のときに
散々聞き倒したものです。
流し聞きまで入れると多分200回は聞いたので

さすがに飽きてしまって。
今は卒業している教材ではあります。
トラックの終わりに次のトラックの出だしがジャストなタイミングで予測できるくらいになってしまいましたw

中級の頃は
少し背伸びがしたいころだと思うし、
背伸びした教材を混ぜて訓練することはすごく大切です。

この教材はかなりオススメ。
ロンドンの生の英語が聞け、すっごく雰囲気のよい音源です。

ロンドンに一人旅した際に、地下鉄で全く同じアナウンスを聞いたときは感動しましたw

(2009.11.13/ 2014.10.28改)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking


テーマ : 日常英会話
ジャンル : 学校・教育

教材が合ってない気がする。

私のみるところですが、
中級者の方、もしくは、初級者の方によくみられるようです。

それは、
教材に不満がある
ということです。

読んでわかるレベル
発信できるレベルがかけ離れているという事実に少し無頓着です。

よって、
教材が簡単に感じることが多いようなのです。

一方
難しい教材ですと、
難しすぎる。
取り組むのをすぐにあきらめがちです。

私もそういう道をたどってきたので
気持ちはすごくわかります。

どこかに今の自分にピッタリな教材があるような気がするものです。

難しすぎず簡単すぎず。

でも、少し厳しく言わせてもらえば

教材に文句を言っているのは
単なるいいわけです

単に勉強の仕方が下手すぎるだけです。

英語の達人は
簡単な教材も
繰り返し繰り返し学習できます。

上級者になればなるほど
教材には不満を言いません。

それは、
難しい教材だろうが簡単な教材だろうが
使いこなし方を知っているからだと思います。

難しい教材なら丁寧に学習します。
派生知識を増やすことを意識しつつじっくり腰を据えて取り組みます。
脳に汗をかいて知的好奇心が満たされるのを楽しみます。

簡単な教材なら
身についた知識をさらに脳の奥底に沈めるようなイメージで取り組みます。
瞬時に使える知識に変換出来ているか確認しながら
やはり楽しく取り組みます。

教材のレベルはもはや問題にならないのが上級者だと思います。

そういう意味で
NHKの基礎英語
達人達に人気があるのも
わかります。

簡単な教材は
本当に奥が深いのです。

「中学校レベルだから簡単すぎる」

中級者なら見向きもしないその教材を、
英英辞書を用いたり、
文法書を用いたり、
類語辞典を調べたり、
日英訓練に使ったり、
いいかえ表現を10個考えてみたり、

繰り返しになりますが

上級者は
どのレベルの教材でも
自分のレベルに合わせて使いこな
せます。

教材の難易度はさほど問題にしません。

問題にするのは、
自分の取り組み方
こなし方
復習の仕方
などです。

難しい教材も
こなしたがらないのは、初中級者におおい傾向です。

自分にとって気持ちいいレベルの教材を繰り返すのみですと
やはり成長はありません。

負荷のかかるレベルをこなす必要も絶対にあります。

でも、
少し英語が出来る中級者ですと
難しい教材は自分のプライドが傷つくので
「これは私にあっていない」
などと避けてしまいます。

私もかつてはそうでした。

背伸びをした教材より、
気持ちのいい教材を繰り返すほうがいいと思っていました。

しかし、
留学時に
難しい負荷のかかる教材をこなさなくてはならなかった
あの経験で気がつきました。

難しい教材は絶対に必要です。
それがないと成長しません。

狭い範囲でもいいので、こなすことが
難しい教材には必要です。

深くこなすことがやさしめの教材には必要です。

もし、今自分が
「この教材は簡単すぎる。もっと上のクラスに行きたい」
とか

「この教材は難しすぎる。これをやってても力にならないと思う。」
なんていうふうに
教材に文句ばかり言っているのであれば、
これを機に見直してみてはいかがでしょうか?

その教材がスクールのテキストになっている
その教材を講師が選んでいる

それにはきっと理由があります

教材に文句を言うのは
「私は自分が気持ちのいい教材しかしません」
「先生の教材選定能力は私より低いです」
「私は難しい教材はめんどくさいのでしたくないです」

そう言っているのと同じということに気がつく必要があります。

どんな教材もその時の自分の実力で取り組み
繰り返せばいいだけだと私は信じています。

少しくらいわからないところがあっても
数ヵ月後には
すっと納得がいくことも多いのです。

私はこれを
「数ヵ月後の自分が答えをくれる」
と言っています。

日々取り組んでいればそんな瞬間が結構頻繁にやってきます。

丁寧に教材に取り組む一方で
独学では
「ああ、これはこれ以上手が出ない」
という瞬間も多いもの。

そういう時は
未来の自分のほうが英語力が高いことを信じて
一旦その教材を寝かせておくのもオススメです。

ようは、
合っていない教材とかない。
というお話です。

「この教材をやれば、実力がすぐにつく」
ようなものはないと思います。経験上。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

英語の達人目指してます。
Miyuki EP

取得済英語資格
英検1級
IELTS(Academic)
  overall 7.5
L8.5/ R9.0それぞれ取得経験有り) 
(2006年から英語やり直し中)
詳しい英語資格取得歴は 「今までの英語関連資格取得歴」をクリック!

こちらもどうぞ(*^_^*) 英検1級とIELTS記事あります。

IELTS関連記事
英検関連記事
学習コンテンツの充実化をはかっております。お役に立てばうれしく思います。
MIYUKI センコロ(学習コンテンツ)
一生英語やります。

Miyuki EP

Author:Miyuki EP
Miyuki EP :英語講師(IELTS・英検・大学受験等)

★MIYUKI EPのちょっとだけ英語観★
英語はスクールに通うだけでは足りず、自分自身での地道な訓練が欠かせません。1に独学、2に独学。英語オタクによる努力至上主義のブログです。



free counters
since 2011/10/15


私自身、達人目指して日々努力中。
英語研鑽に終わりはないようです。


↑現在熱いテキスト。IELTS対策本としてバランスがよくオーバーオール6.5超えくらいの方に超オススメです。お手頃でこの内容はすごいです。

ちなみに、海外ドラマ
Seinfeld  と The IT Crowd の熱烈なファン(自称:日本一)です。




Georgeと Royが好きすぎて困っています。

好きな映画は
「Toy Story」(特に2が好き)
「シカゴ」
「The Producers」
「ラブソングができるまで」



週刊のジャパンタイムスを時々購入して読んでいます。科学記事欄とEasy Reading欄が好きです。

br_decobanner_20100701030234.gif

当ブログはリンクフリーです。
当ブログの写真・内容の著作権はみゆきに属します。
動画はすべてYou Tubeからの借り物です。

twitter buttons

calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
category
textbooks for learners
いままでに私が使用して 英語学習者に推薦できるものを 載せています。
英検1級受験者に浸透しているボキャビル本(らしい)。現在ネイティブレッスンで使用中。はまると楽しい教材だけど一方でど根性を要しますw→関連記事はこちらネイティブとのスパルタレッスン!をクリック!
愛してやまない海外ドラマSitcom。 これの話ならいくらでもできる。 集え、日本の熱きサインフェルドファンよ・・・関連記事→好きなDVD!
英会話初心者向け アメリカ英語 最低限の文法知識がないと、日本語訳で混乱するかも。 「機能編」を使いこなしてまずは初心者を脱出。→詳しくは「初心者向け教材①」で。
英検1級の2次試験対策・IELTSのスピーキング対策。 内容のあるスピーチの訓練に。結構長く使っていますが終わる気配がしません(笑)→詳しくは「英検1級 本試験後の感想シリーズ」こちらで。
2人から4人で英単語ゲーム。 単語力の差はハンデをつければ問題なし。 ネイティブとも楽しくプレイできます。→詳しくは「英語ボードゲーム金字塔」で。
英検1級以上の英単語力を狙う人に役立つと噂のボキャ増強本!→詳しくは「上級者のためのボキャ増強!」で!
イギリス英語に触れたいと思い始めた中級者に最適な本です。いくつかイギリス英語関連の和書(教材)を持っていますが、その中でもイチオシの教材です。アマゾンのレビューの高さがそれを証明していると思います。→詳しくは「英語か米語かそれが問題だ。」で!さらにLIVEシリーズに関して詳しくは→「LIVE!シリーズ」を!
マンガが好きな方は、自分のfavouriteなマンガが英訳されていないかチェックしましょう! 多読の一環となり、かつ語彙増強にもなります。→詳しくは「世界のManga」で!
イギリス英語を勉強している人には絶対にオススメしたいsitcom。アイルランド英語も堪能できます。 詳しくは→好きな海外ドラマ第2位こちらの記事でどうぞ。
IELTS受験を考えている方は、少ない教材の中から自分に合う、また自分がこれならこなせそうというものをしっかり選ぶ必要があります。現在私はこれを使用中です。→詳しくは「ライティングに批判はあるものの」の関連記事で!
イギリス発音をしっかり学べる秀逸な一冊。発音記号のマスターはもちろん、英会話練習素材としても使えます。→詳しくは「in use シリーズがお好き」関連記事で!
スピーキング上達へのコツは、文と文をつなぐ表現を覚えたり、文自体の作りにバラエティを持たせること。 この本はそういったコツを英語で解説。価格も良心的です❤ スピーキング中級~上級者向き →詳しくは、「スピーキングとのギャップ」で!
英語学習に欠かせないのがDVD。好きな映画やドラマでスピーキング力とリスニング力をガンガンあげましょう。その際に、日本以外のアマゾンの利用、世界で売られているDVDの活用が早い・安い・便利です。 →詳しくは、「アマゾンを使い倒す!」で!
IELTSって何?私には関係ないわ・・・と思うなかれ。真の英語力育成を楽しく目指したい英語学習者にオススメの教材。ケンブリッジの真面目でかわいい。カラフルな教材です。高価な音源は別売り(残念!)→詳しくは、こちらの記事を参照ください!
TOEFLに興味がなくてもライティング力そして スピーキング力をあげたい中上級者におすすめ! →この本の使い方を含め、詳しくは、スピーキング限界突破! こちらの記事で!
またまたIELTS対策洋書! いやぁ、ほんとにいいんです。 グラマーの説明もしっかり 練習問題も豊富!(リーディングもリスニングも) ともかく総合力をあげたい方はトライする価値あり。 英語中級~上級者(TOEIC750~)に推奨したいイギリス英語たっぷりで学ぶ英語文法書!
オックスフォードのin useに負けない(個人的にはin Useより好き)極上 ボキャビル洋書! 洗練されたレイアウトにきれいな写真・絵。ふんだんに盛り込まれた口語・句動詞の数々。 本気でオススメ洋書ボキャビル本です。 詳細は→関連記事 ここをクリック!でどうぞ!
上級者は日ごろの学習にいかに負荷をかけていくかが大切だと思います。 詳細は→「ストレスかけてますか?」こちらの関連記事でどうぞ!
♪ ★ 留学中にお世話になった洋書たち~ ★ ♪
IELTS対策洋書 Advanced 試験対策のコーナーが読み物としても面白い
テキスト本体より、 ワークブックがオススメだったりします。↓
英語上級者にオススメ(TOEIC820~)

総合英語力底上げのための洋書 Advanced 普通にいい本です。 カラー多し。 workbookは今後取り組む予定。

こちらはケンブリッジ英検CAE用の対策洋書。 結構難しいです~ ワークブックはこちらも今後取り組む予定。 ちなみにケンブリッジ英検受験の予定は今のところありませんw
entire archive
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
MIYUKI EP 訪問者数
My favourite sites
英語学習に有益なサイトの数々をリンクしてます。
日々の学習にお役立て下さいね(*^_^*)
for booklovers

大好きな作品のひとつ。読み返しています。 Mr.Boneは一生忘れない・・・。途中とっても切なくなる。
ロバート・キヨサキ氏の有名すぎる「金持ち父さん」シリーズ。平易な英語(やや口語)でかなり読みやすいです。投資マインドを英語で学ぶ。関連記事多数あります。オーディオブックも購入しました。
マンガで英語学習って本当に楽しくて好きです。英語で読んでいることを忘れます。吹き出しの文字がすべて大文字であることに慣れればこっちのもの。じっれたさが結構さわやかに昇華されてる好少女漫画ですな。
最後はほんとに手に汗握る! 続きが読みたくて駆け足で読んだのを覚えてる・・・字が小さいのが玉にきず?
どれだけ好きなんだ マービンシリーズ! 犬の話と大統領の話がお気に入り・・・犬話は何度読んでも泣ける。大統領話はアメリカっていいな、と思ってしまう・・・
留学中、図書館で借りて読んだDavid Crystal。 平易な英語で英語という言語をいろんな視点で解説。英語好きなら氏の本、どれか一冊読んでみて!英語学の権威です。
アマゾンの書評がよかったので購入。平易な英語で書かれた法廷ミステリー。法廷もの好きな方にお勧めです。海外ドラマか映画って感じ・・・映画化したか。そういや。
何度も読んだ こういう終末後の世界みたいなの好き・・・。手に入りにくいみたいですが、10000語程度でこの内容はすごいです。
一時期むちゃくちゃはまったシリーズ。 主人公のかしこ生意気なところが好き・・・シリーズ多いので全部は読んでない。積読・・・(-_-;)
作者による音読CDは神です・・・素敵すぎます。小さい頃、この絵が怖かった。教科書にありましたよね?
有名すぎて載せなくてもいいかなと思ったけど ファンタジーが嫌いな私でも マチルダのかわいさと 意外に非道ないたずらが楽しめる・・・映画が良作ですよ。マチルダ役の子がかわいすぎです。
マジックツリーシリーズはこのリサーチシリーズが好き 本編はちょっと・・・
サッカーはマービンとアンジェリンがむちゃくちゃ好きなので これは評判ほどには好きではない・・・ でもやっぱりオススメではある・・・ 映画はよかった。
Happy reading!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。